投資家が注目する仮想通貨について知っておこう!

仮想通貨について

仮想通貨に関して、初心者はまず仮想通貨とはいったいどういったものなのか、また実際に入手するにはどういった手段があるのかという疑問を持つのではないでしょうか。
仮想通貨を購入する前に、まず仮想通貨がどんなものなのか?少し知っておく必要があります。

仮想通貨とは?

仮想通貨法での仮想通貨の定義は、『仮想通貨は物品を購入若しくは借り受け、または役務の提供を受ける場合にこれらの代価として弁済のために不特定の者に対して使用でき、かつ不特定の者を相手として購入及び売却を行うことが出来る財産的価値であり、電子情報処理組織を用い移転することができるもの』とあります。

正直、初心者には分かりづらい表現かもしれませんね。

簡単にいうと、仮想通貨は現金や電子マネーと同じように、不特定の人と物品やサービスを購入したり借りたりすることができるということです。
また、仮想通貨は財産的な価値もあり不特定の人に対して売買もできるという意味です。
電子情報処理組織というのは、コンピューターでありPCやスマホも該当するようです。

つまりスマホ1台あれば、世界中の人と仮想通貨の売買が可能だということです。

仮想というネーミングからすると、実態がないとか、存在しないものといったイメージがありますが、「現金」や「金」などと同じように安全な資産であるといった見方もあります。

また、暗号の技術によって開発された経緯もあって「暗号通貨」と呼ばれることもあるようですが、今後の新しい通貨としての位置づけになるのは間違いないでしょう。

仮想通貨に興味があってしかも少額でも持っていれば、それだけで国内外の経済活動に目を向けるきっかけになるかもしれません。

しかも株や債券と違って、手数料もほとんどかからず小額から購入できます。
つまり、少額しか資金がない方でも仮想通貨で稼ぐことが可能ということです。

仮想通貨の爆発力の凄さ

仮想通貨の記事や掲示版で億り人という言葉を見たことはないでしょうか?
仮想通貨は一瞬で億万長者になれる可能性を秘めたものです。

ビットコインという仮想通貨を昔買って持っておいた方が、現在何十億というお金になっているのです。
この方たちが億り人、ビットコイン長者と言われています。

このように仮想通貨は、コインを購入して持って置くだけで利益を得られる物なのです。

早くコインを購入したい方は、こちらの仮想通貨取引業者ランキングから業者を比較して仮想通貨を購入してみてください。

ここまでお金が増えるので投資家が注目するのも当然です。

仮想通貨の生みの親は誰?

最初に仮想通貨として登場したのはビットコインであり、その生みの親は「サトシナカモト」と呼ばれる人で、名前からすると日本人のようですが、その人物の実態は未だ明らかにされていないようです。
ビットコインはその「サトシナカモト」と呼ばれる人によって発明された設計図を基にして作られたものですが、その管理団体すら存在しません。
ビットコインから派生した仮想通貨は現代2000種類にも上ります。

仮想通貨の購入目的と今後の仮想通貨

ビットコインなどの仮想通貨は現在ほとんどの人が投資目的と言われています。
仮想通貨は電子マネーなどとは違って価格が固定されず、それ自体に価値があってレートが変動しますから、株や為替のように投資目的で買う人も多いのはある意味当然かもしれません。
ネットが普及してきた社会では、仮想通貨などのデジタル通貨に対しての抵抗感は薄らいでいるのは事実です。

そんな中で、仮想通貨のシステムが信用を得て需要が高まれば、仮想通貨の価値は高まってくるでしょう。
この先仮想通貨がどうなるのか、誰にも分かりませんが、今後発展していく可能性としては大いにありそうです。

仮想通貨を投資目的だけで見るかどうかは人それぞれですが、本来の仮想通貨としての役割である、人対人の決済をどう考えるのかも重要です。
仮想通貨の革新性として「世界共通の通貨」とか「中央管理がない」といった特徴がありますが、これらは当初信頼性においてはまだ疑問視されるものでした。
しかし世界中で個人対個人で自由な経済活動が行われるという未来の展望が開けたわけです。

どちらにしても個人的には仮想通貨の業界は今後も発展していくと思われます。

仮想通貨の入手方法と初心者にオススメの取引所

では、仮想通貨はどうやって手に入れることができるのでしょうか?
ットコインなどの仮想通貨を入手する方法にはいくつかあって、無料のゲームからも入手可能になっていますし、業者から直接仮想通貨を買うこともできます。
しかし、一般的な仮想通貨の入手方法は「取引所で購入する」です。

取引所には、大きく海外のものと国内のものとがありますが、初心者はまず国内の取引所から始めるのがおすすめです。

国内の取引所にはどんなものがあるかというと、コインチェックビットフライヤー、ザイフ、GMOコインといった主要な取引所が12社ほどあります。

コインチェックは日本最大級の仮想通貨取引所であり、取扱仮想通貨の種類は日本で最大の13種類を扱っています。
また、ビットコインだけで見ると取引量が最も多いのがビットフライヤーです。
ザイフの特徴としては、独自で発行した暗号通貨である「トークン」の取り扱いがありますし、GMOではスマホのアプリでの使い勝手がいいと好評のようです。

それらの国内の取引所では取扱手数料がほとんどかからず、セキュリティーの面でも安全で総合評価も高くなっていますから、安心して購入できます。

ではどこの取引所から購入するのがいいのでしょうか?
一般的にはやはりセキュリティーもしっかりしていて、しかも取扱種類と取引量が多いところになるのではないでしょうか。

そして、仮想通貨取引所の口座開設は、いろんな業者で口座開設しておきましょう。
なぜなら、仮想通貨取引所ごとに取扱いの通貨が違う場合があるからです。
このコインが欲しいのに買えないという状況に陥らないために口座開設は無料ですので様々な業者で口座開設しておきましょう。

仮想通貨取引所での仮想通貨購入方法

実際にビットコインやリップルなどの仮想通貨の購入する場合、仮想通貨取引所のHPから簡単な無料登録で購入することができます。
登録時間は5分ほどで完了です。
詳しい登録方法等は、コインチェックやビットフライヤーのHPから行えますから、興味のある方は試してみるのもいいでしょう。

コインチェックの口座開設方法はこちらをチェックしてみて下さい。

初心者の方へのおすすめ業者は、こちらの仮想通貨業者ランキングにまとめてありますので是非チェックしてみて下さい。

仮想通貨取引業者ランキング