仮想通貨取引所bitflyer(ビットフライヤー)って何?あなたが知らない事も教えます

ビットフライヤー

仮想通貨取引所の中でもテレビCMやインターネットの広告でよく見るようになったbitflyer(ビットフライヤー)
bitFlyer は国内初の仮想通貨取引所(販売所)として 2014 年 4 月にオープンしました。

そんなビットフライヤーについて評判は良いのか、どんな業者でどんなことが出来るのか、どういったコインが購入することが出来るのかまで紹介します。
ビットフライヤーについて詳しく知りたい方は是非読んでみて下さい。

まず、ビットフライヤーについて詳しく紹介する前にどんな業者かチェックして下さい。

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitflyer
取扱通貨 BTC,ETH,ETC,LTC,BCC,MONA
取引所手数料 ビットコイン売買手数料は値段による0.1~0.15%
アルトコイン売買手数料Lightning 現物0.2%それ以外無料
レバレッジ 15倍
セキュリティー 二段階認証、ベリサイン次世代暗号
使いやすさ CMでも話題のbitFlyerは初心者の方でも見やすく使いやすいとの評判です。

ビットコインの取引量が日本一となっているbitFlyer。最強のセキュリティベリサイン次世代暗号を使っており、ビットコイン保管に最高のセキュリティ環境を用意しています。更にアカウントのクラスによってサービスに違いが出てきます。ファーストクラスになるとすべての機能を使え制限がなくなります。

bitflyer(ビットフライヤー)の3つのポイント!

初めにbitflyer(ビットフライヤー)の3つのポイントについてみておきましょう。

ビットコイン取引量NO.1

bitflyer(ビットフライヤー)は、ビットコインの取引量がNO.1の仮想通貨取引所になります。

仮想通貨の取引量は、仮想通貨の価格に関係しています。
仮想通貨の取引量が多いということは、大きい価格の変動がなくなり仮想通貨の価格が安定します。

仮想通貨の価格が安定すれば通貨として使用しやすくなるのです。

そして、ビットコインの取引量が多いということは、それだけ自分が理想とする金額と数量を購入できる可能性が高いということです。
取引量が少ない取引所で取引すると自分が理想とする値段で買うことができないということが起こってしまいます。
その場合販売所で高い手数料を払って購入しなければいけません。

ユーザー数NO.1

bitflyer(ビットフライヤー)は、利用ユーザーもNO.1の仮想通貨取引所になります。

利用するユーザーが多いということは、それだけ信頼されている仮想通貨取引所だといえます。

今後もbitflyer(ビットフライヤー)で取引を行う方は増えていくと思われます。

資本金NO.1

最後のポイントは資本金がNO.1ということです。

資本金が亜相という事はそれだけ会社としての信頼があり、多くの会社から出資されているということになります。
ビットフライヤーの株主の会社はこちらです。

bitflyer株主

これだけ有名な会社から信頼されているということはやはり仮想通貨取引所としてオススメ出来ます。

ビットフライヤーのアカウントクラスについて

そして、ビットフライヤーにはアカウントクラスという物が存在します。

アカウントクラスとは、アカウントのクラスによって出来ることが変わって来る物になります。

アカウントクラスには、ウォレットクラストレードクラスに別れています。

基本的に仮想通貨の購入を考えている方は、トレードクラスになります。
ウォレットクラスからトレードクラスへのアップグレードは、

  • ご本人情報のご登録
  • ご本人確認資料のご提出
  • お客様の取引目的などのご確認
  • 転送不要の書留郵便のお受取

これらをしていただくと自動でトレードクラスになります。

ウォレットクラスとトレードクラスで行えることについてはこちらをご確認下さい。

ビットフライヤークラス

ビットフライヤーで取扱いのあるコインは?

bitflyer取扱コイン

次に、ビットフライヤーで取扱のあるコインについて紹介します。
現在ビットフライヤーで購入できるコインは6種類になります。

  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • ETC(イーサリアムクラシック)
  • LTC(ライトコイン)
  • Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)
  • MONA(モナコイン)

主要のビットコインを始め、日本で作られたモナコインも取扱されています。

ビットコイン以外のあるとコインについては取引所はありませんが、販売所で購入することが可能となっています。

ビットフライヤーのセキュリティは大丈夫?

仮想通貨を購入しようと思った時に1番不安なことはセキュリティではないでしょうか?
テレビやネットのニュース等で、ハッキング被害に遭ってお金がなくなってしまったり、きちんとセキュリティ対策をせずに通貨が盗まれてしまったりと仮想通貨取引をする上でセキュリティはかなり重要になります。

では、ビットフライヤーのセキュリティはどの程度の物になのでしょうか。

ビットフライヤーのセキュリティは、かなりしっかりしているものと思われます。
なぜなら通信面のセキュリティでは、

  • SSL 通信
  • DigiCert(デジサート)の SSL サーバー証明書の採用
  • DigiCert の SSL サーバー証明書で最高強度の EV を採用
  • SHA-2(SHA-256)の採用
  • FW(ファイア・ウォール)による社内環境の防御
  • WAF(ウェブ・アプリケーション・ファイアウォール)による不正アクセスの常時監視、負荷分散
  • DNS サーバー IP Anycast の導入によるネットワークの負荷分散

ログインのセキュリティは、

  • パスワードの強度チェック
  • アカウントロック機能
  • 携帯電話・デバイスによる 2 段階認証
  • 自動タイムアウト
  • ログイン履歴の管理

更にビットコインの保管は、80%以上をコールドウォレットにいれており、自社開発のビットコインデーモンを利用。
プログラムやインフラもセキュリティ対策は万全といえます。

そして、運用時のセキュリティに関しては、

  • 重要な変更の際には本人確認
  • 携帯電話番号認証
  • Facebook 認証
  • 銀行口座情報確認(銀行名、支店名、口座種目、口座番号、口座名義)
  • ご本人確認資料の確認(氏名、ご住所、生年月日)
  • 外部機関データベースによる反社会的勢力チェック
  • 日本円・仮想通貨預入、払出における確認
  • ウイルスチェックとハッキングテスト

このようにビットフライヤーのセキュリティは非常に高い物といえます。

事実ビットフライヤーがハッキングされたというニュースは一度も発表されていません。

ビットフライヤーの手数料はどのくらいかかる?

では、次にビットフライヤーの手数料についてみていきましょう。

仮想通貨を購入する場合、ビットフライヤーに手数料を払わなければいけません。
これは、どの仮想通貨取引所でも同じように払わなければいけません。

ビットコイン売買手数料については、ビットコイン販売所はキャンペーンにより現在無料。
Lightning 現物(BTC/JPY)・ビットコイン簡単取引所に関しては取引額によって0.01% ~ 0.15%の手数料がかかります。

ビットコイン以外のアルトコインの売買手数料に関しては 各コインの販売所に関しては、キャンペーンンにより無料。
Lightning 現物(BCH/BTC)・Lightning 現物(ETH/BTC)に関しては、0.20%の手数料がかかります。

また、ビットコインの送付手数料は、0.0008BTC日本円で、現在1200円程かかります。

ビットフライヤーならビットコインでFXも出来る!?

そして、ビットフライヤーでは、Lightning FXという取引方法が用意されています。

これは、証拠金を入れることにより、その証拠金の最大15倍迄ビットコインの取引を行うことができます。

手持ちの資金よりも多くの金額の取引が可能になりますので、その分利益も大きくなります。
そして、土日祝の取引も可能となっています。

ビットフライヤーの評判は上々!?

ビットフライヤーは、現在評判は上々で口座開設が殺到しているみたいです。
これからもどんどん口座開設者数が増え仮想通貨投資をする方が増えていくと思われます。

あなたも今仮想仮想通貨投資に乗り遅れることなく利益を手にしてほしいと思います。

初心者の方にオススメ出来る仮想通貨取引所のビットフライヤー
また公式サイトで色々な情報をチェックしてみて下さい。

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitflyer
取扱通貨 BTC,ETH,ETC,LTC,BCC,MONA
取引所手数料 ビットコイン売買手数料は値段による0.1~0.15%
アルトコイン売買手数料Lightning 現物0.2%それ以外無料
レバレッジ 15倍
セキュリティー 二段階認証、ベリサイン次世代暗号
使いやすさ CMでも話題のbitFlyerは初心者の方でも見やすく使いやすいとの評判です。

ビットコインの取引量が日本一となっているbitFlyer。最強のセキュリティベリサイン次世代暗号を使っており、ビットコイン保管に最高のセキュリティ環境を用意しています。更にアカウントのクラスによってサービスに違いが出てきます。ファーストクラスになるとすべての機能を使え制限がなくなります。