仮想通貨取引業者ランキング

アルトコインって何?有名アルトコイン5種類を詳しく紹介!

アルトコイン5種類

仮想通貨といえばビットコインといったところですが、実は仮想通貨には様々な種類があります。
このビットコイン以外の通貨を『アルトコイン(Alternative Coin)』と呼び、ビットコインにはない技術を搭載していたり、ビットコインの弱点を補完したり、あるいは新しい技術を開発したりするために作られているのです。
こうしたアルトコインの中には、ビットコイン以上の潜在能力を持つものがあります。今回は、アルトコインの中でも特に有名なものを5つご紹介しましょう。

有名なアルトコイン① リップル(Ripple)

リップル

リップルは送金技術に特化した仮想通貨です。
現在の金融システムでは、例えば日本から発展途上国の銀行にお金を送金したいと考えたとき、日本円をいったんドルに交換し、そのドルを発展途上国の通貨に交換して銀行に送るといったようなことをしています。
当然、交換すれば手数料や管理料がかかってくることになるため、送金という作業では二重に管理料がかかってくることになるでしょう。もし、この交換の媒介がドルではなく仮想通貨であったらどうでしょうか。仮想通貨は、基本的に送金手数料や管理料が非常に低く、また実体がないため高速で送金することが可能になります。この「早くて安い」送金技術が多くの人から注目されているのです。

リップルを購入したいなら取引手数料無料のbitbankがおすすめ!

有名なアルトコイン② イーサリアム(Ethereum)

イーサリアム

イーサリアムは仮想通貨ではありますが、同時に小さな仮想通貨を作り出すことが出来るプラットフォームのようなものを持っています
このプラットフォームを管理するために作られたのがイーサリアム。プラットフォームでは、小さな仮想通貨が取引などを行うために契約を行っていきますが、この契約を管理する方法をスマートコントラクトといいます。

現実世界でありがちな、契約不履行による送金の中断といった問題は、このスマートコントラクトにはありません。電子の世界では所有権の移転とお金の送金がほとんどタイムラグなしで発動することになります。この仕組みによって、新しいビジネスの形が出来上がるのではないかと期待している人がイーサリアムのファンの中にはたくさんいるのです。

有名なアルトコイン③ ライトコイン(Litecoin)

ライトコイン

「ビットコインを金とすればライトコインは銀である」という言葉があります。
ライトコインは、第2のビットコインを目指すべく、ビットコインの問題を補完するために作られました。
ビットコインの問題とはスケーラビリティ問題と承認速度。スケーラビリティ問題とは、ビットコインはすべての取引履歴を保存しているのですが、この保存領域には限りがあるためどこかの段階でこの履歴を保存できなくなるのではないかというもの。
履歴が保存できなくなると、仮想通貨はすべて決済手段としての信頼性を失ってしまうため、まさに死活問題なのです。また、ビットコインの承認時間は10分。小売りや量販店での買い物でレジで10分待機させられるというのは考えられませんね。これらの問題に対してライトコインはSegwitという技術を用いて対応しています。Segwitは保存する情報そのものを圧縮することで、保存領域を広げようとするもの。また、この情報圧縮のおかげで承認時間も1/4の2.5分になっています。果たして、ライトコインは第二のビットコインのポジションを死守できるのでしょうか。

有名なアルトコイン④ ネム(NEM)

ネム

ビットコインを取引以外に増やす方法としてマイニングというものがありますが、このマイニングはコンピューターの演算能力が高い人に有利に出来ています。
そのため、マイニング機器として性能の良いパソコンが2017年には飛ぶように売れていきました。

この仕組みは、大掛かりな資本を投下した人に有利であるという仕組みになってしまいます。そこでNEMはコインの保有量と取引頻度によって、マイニングできる仕組みPoIを導入。富の偏在を防ぎ、多くのプレイヤーが安心して仮想通貨を扱えるような工夫をしています。こうした仕組みは、そもそもの発想であった「非中央集権的」であり「民主的である」として、古くからの仮想通貨プレイヤーに親しまれているのです。

有名なアルトコイン⑤ ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)

ビットコインキャッシュ

ビットコインは、まだ発展途上の技術であり、時々大掛かりなアップデートが行われます。
2017年8月もまさにこのアップデートの時。ところが、ビットコインの世界では、開発者が一方的にアップデート内容を決めることはできません。
ビットコインを持っているプレイヤーが参加できるコミュニティによる多数決で何をアップデートするのか決めるのです。このときはなんとコミュニティが完全に分裂。ビットコインの子供ともいえる「ビットコインキャッシュ」が生まれてしまいました。ビットコインキャッシュはビットコインと比べて、保存領域が非常に広いため、スケーラビリティ問題に対応できる形になっています。そのほかはビットコインと全く変わりがないため、ビットコインよりも問題の少ないコインとして認識されています。

アルトコインについてまとめ

5種類見てきましたが、どれもそれぞれに特徴があり、なぜそれを支持しているのかも明確でしょう。

仮想通貨のプレイヤーの中には、単なる投資対象としてみているだけでなく、こうした技術に対する支持や意見を前提として、仮想通貨を扱っている場合があります。
アルトコインをしっかりと知っていくことによって、ビットコイン以外のコインから投資チャンスが生まれることもよくあること。ぜひ、アンテナを張って有利な取引を進めていきましょう。

アルトコインを購入したい方は、やはり取引手数料が無料のところで購入したほうがお得になります。
アルトコインの購入を考えている方、購入したい方は、こちらの取引所がおすすめになります。

アルトコイン取引手数料が無料!bitbank

bitbank
取扱通貨 BTC,ETH,LTC,XRP,BCC,MONA
取引所手数料 ビットコイン売買手数料は値段による0.1~0.15%
アルトコイン売買手数料Lightning 現物0.2%それ以外無料
レバレッジ 15倍
セキュリティー 二段階認証、ベリサイン次世代暗号
使いやすさ アルトコインの取引手数料0円のキャンペーンを行っています。初心者の方は今がチャンスです。

取引所で取引するならbitbank。なぜなら取引板で取引した場合手数料がマイナスになるためです。つまり、bitbankで取引すると0,05%分の仮想通貨がもらえるということです。更に購入するよりも安い手数料で仮想通貨を手に入れることが出来ますので、初心者の方から上級者の方までおすすめ出来る業者になります。